メール配信の準備には、どの位の期間が必要?

メール配信システムを構築するために必要な期間

メール配信システムを構築するには、インフラの整備や、ターゲット属性の選定など、様々な準備が必要になります。単にメールの配信をするだけではなく、成約に結び付けられる反響を得られなくては、業務効率の向上を実現することはできません。メール配信システムを構築する際には、クラウド形式でのサービスの導入と、自社にシステムを構築するオンプレミス型での実装があります。売上向上を考える商材に適した手法と、予算の兼ね合いにより、導入方法を検討していくのが良いでしょう。クラウド形式を用いた配信システムの導入の際は、すぐに利用できるサービスが整っていますので、配信するメール文書の検討だけで済みますが、オンプレミス型の場合には、システム構築の期間も含めた検討が必要になります。

メール配信を進める際の検討ポイント

メール配信システムを導入する際には、ターゲットとなるユーザーのペルソナを決めておくことが必要です。どのようなターゲットに対し、メールの配信を行い、売上の向上を実現していくかを決めておけば、自然と配信する内容も見えてくるからです。過去にメール配信を行なった実績がある企業の場合には、事例をもとに改善を行なっていけば良いですが、初めて配信を行う際には、ペルソナの選定に時間が掛かっていくことでしょう。繁忙期のタイミングなどで、急にキャンペーンを行う必要が生じた場合には、メール配信を進めるまでに十分な時間を取れないものです。配信が必要になるタイミングまでの期間を逆算して、事前の準備を進めていきましょう。